HDD→SSD


こんにちは。


最近、パソコン遅いなと思うことはないでしょうか?


無料バージョンアップでWindows7からWindows10に更新したパソコンなどは、HDDの劣化やそもそもスペックの低さが、バージョンアップしたWindows10に対処しきれなくなっている印象があります。
また、ウィルスソフトの処理動作もWindows10になってからは、かなり負荷がかかっています。


そこで、パソコンのHDDをSSDに変更する方法を紹介します。
お手軽なのが、LHR-2BDPU3ESを使って、HDDをSSDに丸ごとコピーすることです。
パソコンからHDDを取り出すことが前提となるので、ちょっとハードルが高いですが、チャレンジする価値はあると思います。


取り出したHDDと新しいSSDを差し込み、コピーします。そして、新しいSSDをパソコンに取り付け作業終了です。


SSD 500GBとLHR-2BDPU3ESで2~3万円ていどあれば、できますので、新しいパソコンを買う前に一度検討してみてはどうでしょうか?


OSが32bitの場合は、メモリも4GBまでしか認識しませんが、64bitならば4GB以上認識するので、メモリ増設もお勧めです。


※ 万が一交換に失敗した場合でも、弊社では責任を負いかねますので、自己責任でお願いします。


ご興味があるかたは、ご連絡ください。
なお、弊社含め、業者に依頼する場合、安いパソコン費用くらいかかるので、新しいパソコンを買ったほうがいいかもしれません。

This entry was posted in システム事業部. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>